あんしん通販マート ネット通販のご案内

ED治療薬が勃起不全を治す

ED治療薬が登場してから、日本でもEDの診療が大きく変わってきました。一番の変化は勃起不全が体の病気であるという認識が広まったことです。それまでは精神科が勃起不全の診察を行っていましたが、泌尿器科医以外の医師もEDの診療ができるようになってきました。

 

それまではED治療はプロステーシスの陰茎手術や血管作動薬の陰茎海綿体注射など、患者や医師にとってなじみのない治療法でしか行われていませんでした。EDはすぐに命にかかわるような病気ではありません。しかし患者自身の苦痛は他人に理解してもらうことができない大きな問題でした。

 

研究が進むにつれて糖尿病や高血圧などの生活習慣病とEDの深い関係が明らかにされ、内科主治医にとってもEDは無関係ではなくなりつつあります。

 

 

ED治療薬は勃起不全のメカニズムを明らかにしました。治療薬を服用することによって症状が改善するということは、成分が作用する部分に問題があると推察することができるからです。

 

原因が性欲低下症例、器質的な神経障害や陰茎海綿体、陰茎動脈の動脈硬化症例では治療薬の効果を期待することはできません。このような症状に対する治療法は今のところありません。しかし、近い未来に人間の感情をコントロールすることができる治療法が出てくるかもしれません。

 

これからの治療法を考える上で、生活習慣病や透析、前立腺癌、など合併するEDについて、内科を中心とした診察が簡単にできるように計画を進めている病院もあります。

 

従来ED患者は泌尿器科に紹介されることが通例でした。泌尿器科受診にED患者が抵抗を感じることが多く、かかりつけ医にEDの相談をすることを望んでいる人が多いようです。そうなれば、その予防も含めて多くのED患者の治療へのストレスを無くすことが期待できるのです。

 

泌尿器科医以外の医師にもこれからはEDについての知識を持たなければいけない時代が到来することでしょう。ED治療薬はとても簡単に症状が改善できるので注目されています。服用を続けていても、その原因を解決しないことには、EDの症状自体がなくなることはありません。そのことを患者は知っておかないといけませんね。


page top